2015年02月10日

東海道・川崎宿にて、ナゾのタイル浮世絵「川崎宿」発見!?

誰がいつどのように寄贈したか分からないタイル浮世絵が発見された!!というミステリアスなニュースです。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20150208/CK2015020802000158.html

記事によると、1p四方のタイル約23,000枚を使って作られた、広重「東海道五十三次」のうちの「川崎宿」のモザイク画が、市役所講堂の物置から発見されたとか。縦175cm、横260cmということですから、かなりの大きさです!(上記リンク先に写真あり)

「贈 玉穂興業社 長田利美 川崎市小倉一五二一番地」」とあるそうですが、これが、「交流館の青木茂夫館長(74)は市職員時代の一九八〇年ごろ、会議の際に連日使った講堂内で、壁際に置かれていたこの作品を見た記憶があるという」、寄贈者名の「区名のない表記から寄贈は政令市になった四十三年前より前とみられる」という情報のみで、寄贈の経緯や作者などは不明とのこと。(上記リンク先・東京新聞のニュース記事より引用)

広重の東海道五十三次もいろいろとミステリアスなところが多いですが、こちらはたかだか半世紀前のことというのに何も分からないというのが面白い(^^;
フシギですね〜!! 気になります!!

作品は川崎宿の「東海道かわさき宿交流館」で展示中だそうです。
また、川崎市と交流館で情報募集中とのことですので、もしも心当たりの方がいらっしゃったらご連絡を!!

「東海道かわさき宿交流館」


blogimg02.jpg

【日記の最新記事】
posted by 街道なう at 06:00| Comment(0) | 日記

2015年02月08日

東海道由比宿・広重美術館にて「隷書東海道」展示

街道や旅行関連の展示会が各地で開催されています。

東海道由比宿の「東海道広重美術館」では、「大御所さまの東海道―五十三次旅景色―」展を開催中。
前期は3月1日まで。
広重の「隷書東海道」55点を一挙に展示。ちなみに3月3日からの後期には、これと入れ替えで「行書東海道」56点を展示とのことです。普段よく目にするのは保永堂版ですが、「隷書」「行書」が一堂に見られる機会は貴重ですね。
タイトルもまた気になります!!

関連ニュースはこちら
→ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150204-00000031-at_s-l22
東海道広重美術館展示会のページ
→ http://tokaido-hiroshige.jp/schedule/2015/the_retired_shoguns_tokaido.html


その他、
岐阜県中津川市・中山道歴史資料館にて、「水戸浪士天狗党通行150年 中津川宿だけの心づかい 」展
→ http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/museum/tabibito/

岐阜県恵那市・中山道広重美術館にて、「諸国漫遊の手引き」展
→ http://museum.city.ena.gifu.jp/index1.html

千葉県野田市・茂木本家美術館にて、「国芳の木曽街道六十九次」展
→ http://www.momoa.jp/


以上、「街道なう・街道カレンダー」にまとめております。
各館にアクセス可能な皆さま、北風の冷た〜い日は、美術館・博物館でぬくぬくと鑑賞会はいかがでしょうか。
posted by 街道なう at 08:00| Comment(0) | 展示会情報

2015年02月07日

街道なうニュース

このブログでは、街道歩きや街道沿いの地域・施設などに関するニュースやイベント情報などを取り上げていきます。
と言っても毎日のようにあるようなものでもありませんが、見つけたら投稿します。
見つけた方、関係者の方からのお知らせもお待ちしております。

本サイト「街道なう」では、
ニュースのページ → 街道ニュース
イベント情報 → 街道カレンダー
でもまとめております。

またTwitterの、@kaido_nowでも不定期に配信中です。

ニュースサイトにリンクすることがありますが、時間が経つと記事が削除されてしまうことがあります。見付け次第、対応したいと思いますが、間に合わない場合はご容赦くださいm(_ _)m
posted by 街道なう at 09:00| Comment(0) | 街道なう